教育ITソリューションEXPO 専門セミナー

ED-1 9月25日 [水] 11:45~12:30
<ICT活用最前線①>

ICT活用指導力・整備率全国最下位から最先端の教育環境へ ~今、奈良県で起きていること~

小崎 誠二

奈良県立教育研究所
教科・情報研究部
主幹

小崎 誠二

講演内容はこちら
  • 教員のICT活用指導力とICT環境整備状況が、5年前には全国で低位だった奈良県。現状から原因を探り、課題を設定し、先生のやる気を引き出すことで実績をあげ、整備を充実させることに成功。全国で類を見ない複数の高等学校での情報系学科設立に至った経緯を、問題解決の手法に基づいて、実践を紹介しながら紐解きます。
プロフィールはこちら
  • 小崎 誠二 奈良県立教育研究所教科・情報研究部主幹。県立奈良高等学校等の教諭、県教育委員会学校教育課指導主事、係長等を経て、本年度から現職。文部科学省の2020年代に向けた教育の情報化に関する懇談会ワーキンググループ、学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議メンバー。
ED-2 9月26日 [木] 10:00~10:45
<アクティブラーニング>

教育界のノーベル賞「世界の教員10人」に選ばれた教師が語る!
―アクティブラーニングを使った「使える英語」を育てる授業とは?

正頭 英和

立命館小学校
ICT教育部長

正頭 英和

講演内容はこちら
  • 「これからの時代は、『使える英語力の育成』を身に着けるために、授業方法の大きなシフトチェンジが必要」という考え方のもと、正頭教諭のユニークな指導法により、児童たちは英語でのコミュニケーション・プレゼンテーション力を自然と身につけている。教育界のノーベル賞「グローバル・ティーチャー賞」のトップ10にノミネートされた同氏が、「使える英語」を育てるアクティブラーニング型授業について語る。
プロフィールはこちら
  • 正頭 英和 立命館小学校教諭 ICT教育部長。関西大学大学院修了後、京都市公立中学校、立命館中学校高等学校を経て現職。立命館小学校では「英語」と「ICT」の授業を担当。「使える英語力」を育成するために、ICTを活用した実践や国際交流などを行っている。その実績が認められ、Global Teacher Prize 2019 Top 10 にアジア人で唯一の選出を受け、「世界の教員10人」に選ばれた。
ED-3 9月26日 [木] 15:15~16:00
<ICT活用最前線②>

日本の学びを変えていく ~埼玉県と町田市の最新教育事例~

髙井 潤

埼玉県立狭山工業高等学校
主幹教諭

髙井 潤

金木 圭一

町田市教育委員会
学校教育部指導課
指導室長
兼 指導課長

金木 圭一

スチュアート ミラー

Google Japan
Google for Education
マーケティング統括部長
アジア太平洋地域

スチュアート ミラー

講演内容はこちら
  • 子供たちの"主体的・対話的で深い学び"の実現を目指す埼玉県、教員の働き方改革を実現している町田市による ICT の導入事例を対談形式にてご紹介いたします。
プロフィールはこちら
  • 髙井 潤 長野県松本市(旧波田町)で生まれ、地元の公立小中学校、県立工業高校を卒業。
    1999年3月に日本工業大学工学研究科電気工学専攻卒業(工学修士)、同年4月より埼玉県立川口工業高等学校 教諭として勤務。
    14年間、県立工業高等学校に勤務した後、2014年4月から2年間、県立総合教育センター指導主事兼所員として教員研修を担当。
    2016年4月からは埼玉県教育局県立学校部高校教育指導課にて、県立学校のICT環境整備に従事。
    2019年4月からグーグル クラウド・ジャパン合同会社に、埼玉県教育委員会所管の教育指導向上推進教員養成研修生として派遣。ものつくり大学 名誉連携講師。
  • 金木 圭一 東京都品川区で生まれ、地元の公立小中学校、都立高校を卒業。
    1991年3月に大東文大学文学部教育学科を卒業、同年4月から東京都公立小学校教員として勤務。体育を専門に研究し、2001年に東京都教育研究員、2005年に東京都教員研究生として体つくり運動を研究。2007年4月から江戸川区教育委員会指導主事、2012年4月から練馬区立小学校で副校長、2013年4月から練馬区教育委員会統括指導主事、2016年4月から練馬区教育委員会副参事(教育政策特命担当)、2017年4月から町田市教育委員会学校教育部指導課 指導室長 兼)指導課長を拝命し、現在に至る。
  • スチュアート ミラー 米国ユタ州で生まれ育ち、1981年にコンピュータを教育で使用する小学校に入学。
    2000年シカゴ大学東アジア学部卒業後、静岡で講師とカリキュラム開発者を経験。
    2006年カーネギーメロン大学で MBA(専攻:分析的マーケティング戦略)を習得後、バンクオブアメリカでマーケティングアナリストとして7年勤務。
    2013年に日本で Google に入社し、販売戦略と運用管理マネージャとして勤務。
    2018年1月より Google for Education マーケティング統括部長・アジア太平洋地域に就任。
    3児の父。
ED-4 9月27日 [金] 11:45~12:30
<学校における働き方改革>

教職員1人あたり年間 162.6 時間の省力化を実現!
スマートシティ西条の「働き方改革」とは?

渡部 誉

愛媛県西条市
総務部
ICT推進課
副課長

渡部 誉

講演内容はこちら
  • 様々な分野にICTを活用した「スマートシティ西条」を掲げる西条市。特に教育分野では、パブリッククラウドをベースとした学校現場の「学び方改革」と「働き方改革」を強力に推進。今回は、ICTを活用した教職員の「働き方改革」の取組を中心に、あわせて大きな可能性を秘めたスマートスクールの取組も紹介する。
プロフィールはこちら
  • 渡部 誉 西条市総務部ICT推進課副課長
    1971年(昭和46年)西条市生まれ、47歳。甲南大学卒業。
    2018日本ICT教育アワード受賞、第19回テレワーク推進賞会長賞(最高賞)
    現在、「スマートシティ西条」の実現に向け、市政全体の情報化施策に従事。
    教育情報化コーディネーター(3級)、国立女性教育会館「女性教員の活躍推進に関する調査研究」検討委員
ED-5 9月27日 [金] 13:30~15:00
<ICT活用最前線③>

【iTeachers TV LIVE!】教育ICTの先駆者が語る!ICT活用の落とし穴とは?

渡部 誉

大阪大学
教授

岩居 弘樹

平井 聡一郎

情報通信総合研究所
特別研究員

平井 聡一郎

中村 純一

佐賀市立大和中学校
教諭

中村 純一

反田 任

同志社中学校・高等学校
EdTech Promotions Manager

反田 任

反田 任

教育ICTコンサルタント

小池 幸司

講演内容はこちら
  • 教育ICTの実践者チームiTeachersが送るYouTube番組「iTeachers TV ~教育ICTの実践者たち~」をライブで観覧できる特別セッション。プレゼンターに岩居弘樹先生、中村純一先生、平井聡一郎先生を招き、最新のICT活用実践をショートプレゼン形式で紹介する。MCとゲストによるオフレコトーク満載のトークセッションも必見。
プロフィールはこちら
  • 岩居 弘樹 大阪大学サイバーメディアセンター教授。携帯端末・タブレット端末やWebサービスを活用したドイツ語学習の実践研究のほか、看護系大学での「複言語学習のすすめ」、大阪大学と小学校の教室を結んだ「世界のことばプロジェクト」などを実施。「外国語の学び方を学ぶ」ことを目標にした、アクティブな外国語授業を展開している。Apple Distinguished Educator 2013
  • 平井 聡一郎 情報通信総合研究所ICTリサーチ・コンサルティング部特別研究員。小学校、中学校の教諭、管理職22年間と指導主事12年間の経験を経て、2017年より現職。古河市教育委員会で3年間にわたり、全国初のセルラーモデルiPad導入、クラウド活用、エバンジェリスト制度というリーダー教員育成システムなど、先導的な教育 ICT 環境構築に取り組んできた。現在、2020年の次期学習指導要領の完全実施に向け、ICT機器整備モデル及び新しい学びの授業モデルの構築に取り組んでいる。
  • 中村 純一 iPadがもつ様々な可能性を生かした教育活動の工夫に取り組む。取り入れてみたいと思えるような活用例の提供を心がけ、ICT機器利活用の敷居を下げながら、相談を受けた先生方をサポートすることをモットーとしている。研究分野は道徳教育、統計教育、演劇教育、情報モラル教育。Apple Distinguished Educator、韓国スマート教育学会会員。
  • 反田 任 EdTech Promotions Manager(教育ICT推進担当) 2014年度からOne to OneでのiPad導入やWi-Fiネットワークの構築を進めてきた。担当教科は「英語」。ICTを活用しながら、知識、語学力、思考力、コミュニケーション能力をつける発信型の英語教育をめざしている。AIを活用した英語学習ロボットMusioやアプリを活用した「個に応じた学び」の授業デザインも追究している。Apple Distinguished Educator Class of 2015, Intel Teachマスターティーチャー
  • 小池 幸司 2011年3月、他の学習塾に先駆けてiPad導入を実現。教育現場におけるICTの導入・活用を推進すべく、講演や執筆活動を通じて自社のiPad導入事例やノウハウを発信。2013年3月にはiPad×教育をテーマにした初の実践的書籍「iPad教育活用 7つの秘訣」をプロデュース。NPO法人 iTeachers Academy 事務局長。オンラインショップ「先生のためのICT活用塾」を運営(https://www.manabi-media.com)
ED-6 9月25日 [水] 15:15~16:00
<高大接続と入試改革>

高大接続改革の課題と現状
~文部科学省「大学入学選抜改革推進委託事業(調査書の電子化)」とeポートフォリオ~

尾木 義久

関西学院大学
アドミッションオフィサー
学長室(学長特命業務担当)

尾木 義久

講演内容はこちら
  • 2022年度に実施する入学試験から調査書の全面電子化が予定されている。
    調査書の電子化に向けての課題と取り組みについて解説するとともに、高校での主体性を育むツールとしてのeポートフォリオと電子調査書の関係や大学入学者選抜における活用について解説する。
プロフィールはこちら
  • 尾木 義久 2016年から文部科学省大学入学者選抜改革推進委託事業(主体性等分野)において
    高大接続ポータルサイトJAPAN の構築に参画。2019年より文部科学省大学入学者選抜改革推進委託事業(調査書の電子化に関する調査・研究)を担当。
    アドミッションオフィサーとして関西学院大学の入試制度改革や、文部科学省WWL(ワールドワイドラーニング)コンソーシアム構築支援事業においてSociety5.0をリードする教育改革支援に携わっている。
ED-7 9月26日 [木] 11:45~12:30
<大学におけるAI教育>

大学におけるAI教育とは ~埼玉工業大学の先進事例について~

渡部 大志

埼玉工業大学
工学部
情報システム学科
画像認識工学研究室
教授

渡部 大志

講演内容はこちら
  • 統合イノベーション戦略推進会議で発表された「大学・高専生へのAI教育」。今後、AI人材の育成のために、どのような教育が必要となってくるのか。いち早くAI専攻の学科を設けた埼玉工業大学での先進事例を交えて、AI教育の展望を語る。
プロフィールはこちら
  • 渡部 大志 ・現在の肩書(埼玉工業大学、工学部情報システム学科、大学院工学研究科情報システム専攻 教授)
    ・出身:1970年7月11日、出身地(東京都)
    ・学歴:2000年3月、東北大学大学院理学研究科修了 博士(理学)
    ・博士号取得: 2000年3月
    ・経歴(主な所属、肩書など):
    2018年6月 - 埼玉工大発ベンチャー (株)フィールドオート 代表取締役兼務
    2017年4月 - 埼玉工業大学大学院情報システム専攻兼担(改組に伴う名称変更)
    2014年4月 - 現在 埼玉工業大学 工学部情報システム学科 教授
    2008年10月 - 2014年3月 埼玉工業大学 工学部情報システム学科 准教授
    2007年4月 - 2008年9月 埼玉工業大学 工学部情報システム学科 講師 (改組に伴う名称変更)
    2003年4月 - 埼玉工業大学大学院システム工学専攻兼担
    2002年4月 - 2007年3月 埼玉工業大学 工学部情報工学科 講師 (改組に伴う配置換え)
    2001年4月 - 2002年3月 埼玉工業大学 工学部 講師
    2000年4月 - 2001年3月 放射線医学研究所客員研究員
    2000年4月 - 2001年3月 日本学術振興会特別研究員PD
    ・専門分野: AI (自動運転、顔認証)
    ・主な所属学会:電子情報通信学会、映像情報メディア学会、日本感性工学会、自動車技術会、IEEE
    ・趣味:スキーなど。
  • ※敬称略。講師・プログラムの内容は変更になる場合もございます。
    セッションの録音、写真・動画撮影などは一切禁止させていただきます。
    ※講演中止、もしくは講演内容・講師の変更があった場合、理由の如何に関わらず、主催者および講師・講師の所属する団体は、
    受講料の払い戻しをする以外の責任を負わないものとします。